FXで現金を手にする電子マネーの手続き

皆様の中には、普段から電子マネーを用いて買い物をしたり電車を利用している方もいらっしゃると思います。それは非常に便利なものですが、逆にもしも「今後電子マネーはもう使いません」と思った場合はどうなるのでしょうか。いわゆる解約に相当するものですが。

電子マネーの場合
は、払い戻しという手続きが発生するのだそうです。たとえばは電子マネーの残高に700円が入っているとします。ちなみに私が用いている電子マネーの場合、初回預入金は500円です。私の電子マネーの場合は、合計1200円が払い戻しがされるのだそうです。

もっともそれは電子マネーに残高が発生していればの話です。残高がゼロでしたら、初回預入金500円のみの払い戻しです。

ではFX取引の業者の場合、そのような払い戻しは可能なのでしょうか。
FXの場合解約の手続きをすれば、全てのお金は手元に戻ってきます。
もっともFXの場合は、出金というシステムがあります。いわゆる銀行の引き出しのようなものです。

ところが電子マネーの場合、銀行のように口座から引き出しをする事はできません。その場合は、払い戻しの手続きをする必要があるわけです。

したがって手元に現金を手にしたいというニーズが有る時は、若干FXの方が便利かなと思います。ただし銀行のように即座にその日に引き出すというのは少々困難なのですが。
もっともそれも業者次第です。業者によっては言われたその日の内に口座から出金ができるケースもあるからです。

いずれにせよ電子マネーでもFXでも、預けたお金は手元に戻ってきます。しかし私が用いているような電子マネーなどのように、現金の出金ができないケースがあるのは要注意かと思います。

電子マネーを解約する場合

さて今度は電子マネーを使わなくなった場合の解約の手数料に関してです。実は私が用いている電子マネーの場合、解約をすると手数料がかかってしまうのです。
その電子マネーの場合、200円前後の手数料がかかってしまうそうです。電子マネーというのは便利なものですが、解約をするときに手数料が発生する事実を初めて聞いた時はちょっと驚きました。

次にFX業者の場合、解約をするに際して特に手数料が発生する事はありません。解約手数料は無料となります。ただしFXの場合、出金をする際は少々注意が必要です。というのも業者によっては出金時に手数料が発生するケースもあるからです。

実際あるFX業者などは、最初の5回までの出金ならば手数料は無料となります。しかし6回目以降の出金は、手数料がかかってきてしまうのだそうです。

さらに別の業者の場合、出金をしたい金額に応じて手数料が変わってきます。すなわちより多くの金額を出金したい場合は、手数料が格安になってきます。まあ大抵の業者は、出金する際の手数料は無料と設定されている場合が多いです。

もしも出金の手数料が気になるようでしたら、ホームページもしくは電話などで一度お問い合わせ頂いた方が良いと思います。

いずれにせよは電子マネーの場合、まず現金にしようと思えばは払い戻しという手続きが必要になります。さらにその払い戻しの手続きに際し、手数料がかかってきてしまいます。

一方でFX取引の業者の場合は、まず出金の手数料は大抵は無料になります。そして解約手数料も無料となります。こうして考えると、いち早く現金を手にしたいというニーズをお持ちでしたらFX取引の方が若干有利かと思います。
FX口座開設のお悩み解消!エンジョイFX

FX | 外国為替証拠金取引 | ヒロセ通商株式会社
ヒロセ通商株式会社
Copyright(c) 2013 FXと電子マネーの関係 All Rights Reserved.